プライクルとは

何度でもリサイクル可能なプラスチック素材

これまでのプラスチック製品は種類や形状が多様なため、鉄・アルミ・ガラス・紙等に比べ、リサイクルが困難でした。
今まで不用になったプラスチック製品は

  • 廃棄物として焼却する
  • リサイクルによる再利用
  • リユース(容器として回収してペットボトルを洗浄・再充填して利用する)

と言った方法で処理され、また同じ原材料でなければリサイクルできませんでした。
そんなプラスチックを分別することなく、そのまま再生材として加工・成型する新技術によって開発し、誕生したのが「プライクル」なのです。

 

プライクルの特長

■完全リサイクル
材料は不用なプラスチックを再利用した循環型の地球の自然環境にやさしい製品です。
限りある天然資源を継続的に保護します。

■何度でもリサイクル
商品の使用後、不要になっても、再度リサイクル可能なエコロジー素材です。

■腐食しない
耐水性に優れた腐らない樹脂製品です。白蟻・害虫などによる食害も心配いりません。

■加工が可能
木工用電動工具・ビス等で比較的簡単に加工できます。木製品の面倒な防腐剤や塗装などの塗替えがいりません。
ペンキで文字を描いたり・塗る事ができます。

■二酸化炭素(CO2)の削減
私たちが生活するために 石油や石炭などの化石燃料を消費(燃焼)することによって大気中に排出されます。
(プラスチックは石油製品から出来ています。)

プライクル製品(年間145t)生産で341,00kgのCO2削減に貢献しています。

 

プライクルの製造工程

■集められたプラスチックの粉砕・分別
製品化された残りのプラスチック廃材を粉砕します。一般家庭や企業から排出されたプラスチック製品の廃棄物(粉砕された物を有価で購入)を含め、これらの中から塩ビ系や金属等の分別を行います。
いろんなプラスチック製品 製品・原材料
■粉砕したプラスチックをブレンド、着色
製作する商品の用途に応じて粉砕されたプラスチックをブレンドします。
ここでカラー着色剤を投入し、様々な色のプライクルを作ることができます。
混合機(タンブラー) 製品・原材料6
■プラスチックを溶解、成型
ブレンドされた複合プラスチックを押出し成型機で高熱処理をして溶融したプラスチックを金型に充填していきます。
充填された金型を、冷却水の水槽に入れて冷却。その後、金型からプラスチック製品を抜取ります。
プライクル素材 (4) プライクル成型機 (2)
■プライクルの完成です
金型から取り出すと写真のように様々な形状に生まれ変わります。
プライクルは板材・角材・丸棒材など、様々な形に成形でき、木材の様な感覚で加工が可能です。また、木材の様なナチュラルな色合いのものから、ブルー系、グリーン系などの様々な色があります。
カラーサンプル 工場内のプライクル製品
■プライクルを組立
完成したプライクルをお客様のご要望に合わせ組立、加工していく切断機及び組立作業台です。
プランターやベンチ、テーブルセット、柵など、工場内で組み立ててお客様に納品する製品もあれば、デッキ、ベランダなど、お客様先で組立・納品する場合もあります。
芳賀町道の駅6年目 (4) DSCF0116

 

プライクル資材の各種サイズスペック

プライクル資材の主なサイズの一覧です。
木工資材とサイズ、素材感はほぼ変わらないので通常の建築資材と同じように扱えます。

丸材

丸80剣先

丸80剣先

丸80

丸80

丸55

丸55

丸38

丸38

丸20、30

丸20、30

 

角材

角80x80

角80x80

角50×50

角50×50

角45x115

角45×115

角35x80

角35×80

角30x115

角30×115

角30x90

角30×90

角20x80

角20×80