未来の資源「プライクル」

プライクルは「分別不要のプラスチック再生技術によって再生された複合廃プラスチック再生樹脂」です。
現在、園芸をはじめ、土木・建築資材などへ幅広く活用され、公園のベンチ
一般家庭のベランダや塀、お庭のプランターなどに使われています。
木材の様な見た目と加工の幅広さがありながら、木材よりも腐食がほとんどなく
簡単なメンテナンス美しい見た目を維持できます。
また、使わなくなったプライクルは再びプライクルへ加工することができ
無駄な資源を使うことない新しいエコ素材なのです。

プライクル施工例

プラチックゴミを再利用する

海洋プラスチックゴミをはじめ、近年急速に世界ではプラスチックゴミに対する関心が高まっています。
現状、国内ではプラスチックゴミをできるだけ輩出させない動きが注目されていますが、一方でプラスチックゴミを再利用する方法も知ることが大切も大切です。

プラスチックをリサイクル

「プライクル」は、プラスチックゴミをリサイクルして、再度プラスチックと同じように使える廃プラスチック資材です。
すでに公園や運動場などの公共施設や企業、一般家庭において、土木・建築資材やガーデニング用品として活用されています。

持続可能なプラスチック

プラスチックゴミから再生された「プライクル」は、使わなくなったとしても改めて再加工することで、また「プライクル」として使うことができます。
今、どんな製品においても「持続可能(サステナブル)」であることが重要視されていきます。
「プライクル」はその最先端を行く素材です。

プライクルは様々なところで使われています。
現在、プライクルは一般家庭や公共施設などで、幅広く活用されてきています。
多くの人か集まる公園のベンチ、学校のプランター、すのこ状に加工した物は工場などでも使われ、活躍しています。
また、日曜大工感覚で加工・組み立ても可能です。ご使用になるお客様のアイデア次第、デザイン次第で楽しくエコを実践することができます。
木材の温もりある感覚を損なわず、木材よりも長持ちするガーデニング用品としてもお勧めです。